【Processing】copy()を使ってみる(8)

 

マウスドラァグするごとにコピペ範囲を小さくする。

それによってにゅるんにゅるんの質感になる。

 

PImage aa;//写真のオブジェクト
int area = 200;
int sx = 0;
int sy = 0;
int x = 0;
int y = 0;

void setup() {
  size(800, 800);//キャンパスサイズ

  aa = loadImage("data/c.jpg");//画像をロードする
  image(aa, 0, 0, width, height);//画像を画面いっぱいに表紙

  NNNset();
  frameRate(300);
}

void draw() {

}

void NNNset() {
  x = int(mouseX);
  y = int(mouseY);
  sx = x;
  sy = y;
  area = int(random(50, 200));
  println(area);
}


void mousePressed(){
  NNNset();
}


void mouseDragged(){
  copy(sx-area/2, sy-area/2, area, area, 
    mouseX-area/2, mouseY-area/2, area, area);
    area --;
}