Processingで二次元ノイズ

 

 

 

このコードはProcessingの名著、GENERATIVE DESIGNに乗っている作品を参考にした。

アメーバのようなものがうねうね動きながらマウスについてくるやつ。

 

 

 

f:id:osushi_94:20171226002333p:plain

 

書籍に乗っているソースコードではrandom()を使って書いているけど、

noise()を使ってできないかなと思って、やってみたらできた。

二次元ノイズを使ったのと、radians()を使って角度計算をして上げることで

はじめと終わりが綺麗につながるようになった。

 

色々やってたら原型を止めなくなってきたのでこの辺でやめる。

 

 

 

どうやらPDFが出るらしい。そっち買えばよかった。

www.cbc-net.com